中央線と玉川上水に挟まれた地域に点在する素敵なモノ・ヒト・コトの紹介
by tokyo_no_heso
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ナビゲータープロフィール
roco
国分寺市在住。マーケティングプランナー。男の子のママ。在住歴10年。

saco
国分寺市在住。料理教室「くにたちの食卓いづい」を主宰。男の子のママ。在住歴4年。
カテゴリ
全体
とうきょうのへそ
とうきょうのへそMAP
中央線・国立駅
中央線・西国分寺駅
中央線・武蔵小金井駅
中央線・立川駅
西武線・鷹の台駅
奥多摩
以前の記事
2009年 09月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 07月
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


とうきょうのへそ

中央線国立駅の北側、玉川上水からはやや離れた南側にある静かな住宅地の中に、
「とうきょうのへそ」はある。

たとえば厚さが一定の紙や板を東京都のかたちに切り抜き、指の上に乗せた時、
たった1点のみバランスが取れる中心点(重心)がある。これがまさしく「東京のへそ」。
日本数学検定協会の算出によれば、
国分寺市富士本にある富士本90度公園近辺が「東京の中心」になるらしい。
2005年にはこの数学検定協会により、
この公園に「東京都の中心(重心)」と定める看板が立てられた。

f0162085_22223353.jpg


知的な数学のお遊びの結果、ここが「とうきょうのへそ」と“認定”されたわけだが、
そんな事実を知る人はこの周辺でもかなり限られている。
そして「東京の中心」と認定された後も、この看板が立った以外にはなにも変わらないし、
この「へそ」を目指して人が多く立ち寄るようになったわけでもない。

ただ、「とうきょうのへそ」周辺によくよく目を凝らすと、
すてきなお店や空間、スローなくらしや人々が静かに静かに点在している。
都心の街のように1箇所に賑やかに“集中”しているのではなく、
広く、静かに“点在”しているのがこのエリアの魅力だと思うのだ。
そして、この点をゆるやかにつなぐ“つながり”こそ、大きな魅力であるとも。

というわけで、中央線と玉川上水に挟まれた「とうきょうのへそ」周辺に点在する
素敵なモノ・ヒト・コト、そしてゆるやかな“つながり”の魅力を、
暮らす人の目線で少しずつ紹介していきたいと思う。

「とうきょうのへそ」周辺に潜むすてきなこと・わくわくすることを、
ご近所の皆さんはもちろん、面白いと興味を持ってくださる方すべてに
おすそわけできればという気持ちをこめて。(roco)


■富士本90度公園 (東京都国分寺市富士本3-19-11)
住宅地の中にある、ごくごくふつうの公園。
05年春に日本数学検定協会により「東京都の重心(中心)」の看板が立てられた。
よく杉並の大宮八幡などが「東京のへそ」といわれるが、
数字上では一応ここが正式な「東京のへそ」、
ここ「東京の中心」で愛を叫んで(ネタ古い?)みるのもいいかも。
「東京都の中心」看板と井戸、シーソー以外はなにもありませんが。
これからの季節、やぶ蚊にご注意を。
●JR国立駅北口より立川バス「戸倉循環」行「第五都営住宅」下車、徒歩3分



とうきょうのへそ ナビゲータープロフィール

roco
国分寺市在住。平日は都心で仕事をするワーキングマザー。男の子のママ。
休日の親子3人での地元クルージングがなによりの活力源。在住歴10年。

saco
国分寺市在住。地元で料理教室「くにたちの食卓 いづい」を主宰。男の子のママ。
卒業した大学よりも足繁く通う一橋大での子どもとの散歩が日課。在住歴4年。
[PR]
by tokyo_no_heso | 2008-07-07 07:07 | とうきょうのへそ
<< 「とうきょうのへそぱん、焼けました」