中央線と玉川上水に挟まれた地域に点在する素敵なモノ・ヒト・コトの紹介
by tokyo_no_heso
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ナビゲータープロフィール
roco
国分寺市在住。マーケティングプランナー。男の子のママ。在住歴10年。

saco
国分寺市在住。料理教室「くにたちの食卓いづい」を主宰。男の子のママ。在住歴4年。
カテゴリ
全体
とうきょうのへそ
とうきょうのへそMAP
中央線・国立駅
中央線・西国分寺駅
中央線・武蔵小金井駅
中央線・立川駅
西武線・鷹の台駅
奥多摩
以前の記事
2009年 09月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 07月
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


LET‘EM IN

国立駅というと、大学通りのイメージが圧倒的だが、
大学通りから一歩外れた道沿いや北口周辺にも実はすてきなお店、
おもしろいお店が点在している。

6月28日にオープンしたばかりのすてきなアンティークショップをご紹介。
国立駅北口から徒歩10分。小さな商店街にある古道具の店「LET‘EM IN」。

f0162085_22371819.jpg

「時代、国にとらわれずにいろいろな国のいろいろな時代のものを集めています」

店内を見渡すと、確かに。ヨーロッパアンティークあり、和骨董をはじめ、
アジアンアンティークあり、テーブルにチェスト、ソファなど大物家具あれば、
ホーローのなんとも味わい深い小鍋や昭和を思い出す日本のおもちゃやガラス瓶が
ちょこんとディスプレイされていたり。
無垢の木の風合いにどっしりと重みある歴史を感じたり、
あっ、なんだか懐かしい感じ、と郷愁誘われたり。いろんな「出会い」のありそうなお店。

昔ながらの骨董屋さんやアンティークショップなども数多いここ国立。
骨董屋さんというとなんとなく入りづらかったり、ということも。
が、「LET‘EM IN」は一見インテリアショップかギャラリーか、といった雰囲気。
エントランスも一面ガラス張りで店内の様子も一望。
そして「古道具」という大きなカテゴリーの中、
さまざまなトーンの古道具が所狭しとディスプレイされているのに
心地よい統一感があるのも魅力。
ふらっと立ち寄って、のんびり時間を過ごすのもおすすめ。

すぐそばにはソーセージで有名な「ノイ・フランク」の工房や、
少し先には静かな人気の器屋さん「黄色い鳥器店」なども。
ますます街歩きが楽しくなる日々。(saco)

f0162085_22384111.jpg
■古道具 LET‘EM IN(東京都国立市北2-13-48-101)
定休日 月、火 

●JR中央線「国立駅」より徒歩10分。
  ロケーションは北口側だが、不案内な方にわかりやすいのは南口からのアクセス。
  「黄色い鳥器店」のお店案内がわかりやすいので、拝借。ご参考までに。
  この地図↓にある八百屋さんの並び。
  http://www.kiiroi-tori.com/misenokoto.html
[PR]
by tokyo_no_heso | 2008-07-14 10:13 | 中央線・国立駅
<< 黄色い鳥器店 「とうきょうのへそぱん、焼けました」 >>