「ほっ」と。キャンペーン

中央線と玉川上水に挟まれた地域に点在する素敵なモノ・ヒト・コトの紹介
by tokyo_no_heso
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


<   2009年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

クルミドコーヒー

西国分寺駅からすぐという立地を忘れるくらい、しっとりと落ち着いたすてきなカフェ。
大人も子供も楽しめる、遊び心あふれる「クルミドコーヒー」。
f0162085_22382052.jpg

店内に入るとまず目に入るのは小さな、小さな小部屋。子供サイズのそのスペースには
かごに入ったたくさんの木の実や絵本など。

f0162085_22385196.jpg

階段を上がった広めの2階スペース、その2階を見渡すべくカウンター式の
2,5階スペース、そしてその上には屋根裏部屋を思わせるすてきな小部屋。
もちろん今日もこの席へ。
次回は地下スペースにて、じっくりていねいに落とさせる水出しコーヒーを眺めながら、
の時間も考え中。

f0162085_2239284.jpg

このカフェ、お店の随所にすてきな秘密がいっぱい。
たとえば店の高い位置にかけられた小さな吊り橋には小さな、小さなりすが1匹。

f0162085_22402748.jpg

席に腰かけ、注文をし、待つことしばし。この待ち時間にもすてきなお楽しみが。
テーブルに置かれたくるみとくるみ割り。
ようやくくるみを割りなれたころには、テーブルにコーヒーが。
この「クルミドコーヒー」。とにかく美味なのだ。
ナッツを思わせる心地よいコク。
そしておすすめは「クルミドアイスケーキ」。
バラを模ったキュートなケーキ生地に好みのアイスクリームを選び。
甘すぎず、しっとり優しい生地にコクがあるのに、爽やかなアイスクリーム、
そしてナッツのトッピング。

f0162085_2241234.jpg

1人でフラリもよし、お友達とのんびりもよし、我が子との穏やかな時間もよし。
コンスタントに立ち寄りたくなるカフェ。
というか、あのコーヒーには間違いなく誘われるのだ。(saco)



国立周辺には珍しく、コンセプトも内装も本格的なカフェが昨年秋にオープン。
<子どもがひとりの人として楽しめるカフェ>というコンセプトの下、
1つのメニューごとに「おとな値段」と「こども値段」の2種類の価格が設定されていて、
子どもでも小さなサイズのコーヒー、スイーツが楽しめる。

コーヒーなどの味もさることながら、ぬくもりのある心地よさが漂う店内、
それもそのはず、立川の家具工房「木とり」が内装を手がけている。
「クルミ」をテーマに、店全体を大きなクルミの木に見立てたという空間づくりは
なかなか見事なもの、店内にさりげなく置かれた大小のくるみ割り人形もすばらしく、
見ごたえあり。

先日好評だったという蓄音機コンサートが毎月第4日曜日に定例化するとのこと。
いつかはチャイコフスキーの「くるみ割り人形」をテーマとした音楽イベントを
やってほしいなあ・・・なんて。(roco)

クルミドコーヒー 東京都国分寺市泉町3-37-34 マージュ西国分寺1階
 10:30~22:30
 定休日:木曜日
 
●JR中央線・西国分寺駅より徒歩1分

●立川経済新聞の関連記事はこちら↓
  http://tachikawa.keizai.biz/headline/422/
  http://tachikawa.keizai.biz/headline/354/
[PR]
by tokyo_no_heso | 2009-01-28 22:40 | 中央線・西国分寺駅