中央線と玉川上水に挟まれた地域に点在する素敵なモノ・ヒト・コトの紹介
by tokyo_no_heso
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


クルミドコーヒー

西国分寺駅からすぐという立地を忘れるくらい、しっとりと落ち着いたすてきなカフェ。
大人も子供も楽しめる、遊び心あふれる「クルミドコーヒー」。
f0162085_22382052.jpg

店内に入るとまず目に入るのは小さな、小さな小部屋。子供サイズのそのスペースには
かごに入ったたくさんの木の実や絵本など。

f0162085_22385196.jpg

階段を上がった広めの2階スペース、その2階を見渡すべくカウンター式の
2,5階スペース、そしてその上には屋根裏部屋を思わせるすてきな小部屋。
もちろん今日もこの席へ。
次回は地下スペースにて、じっくりていねいに落とさせる水出しコーヒーを眺めながら、
の時間も考え中。

f0162085_2239284.jpg

このカフェ、お店の随所にすてきな秘密がいっぱい。
たとえば店の高い位置にかけられた小さな吊り橋には小さな、小さなりすが1匹。

f0162085_22402748.jpg

席に腰かけ、注文をし、待つことしばし。この待ち時間にもすてきなお楽しみが。
テーブルに置かれたくるみとくるみ割り。
ようやくくるみを割りなれたころには、テーブルにコーヒーが。
この「クルミドコーヒー」。とにかく美味なのだ。
ナッツを思わせる心地よいコク。
そしておすすめは「クルミドアイスケーキ」。
バラを模ったキュートなケーキ生地に好みのアイスクリームを選び。
甘すぎず、しっとり優しい生地にコクがあるのに、爽やかなアイスクリーム、
そしてナッツのトッピング。

f0162085_2241234.jpg

1人でフラリもよし、お友達とのんびりもよし、我が子との穏やかな時間もよし。
コンスタントに立ち寄りたくなるカフェ。
というか、あのコーヒーには間違いなく誘われるのだ。(saco)



国立周辺には珍しく、コンセプトも内装も本格的なカフェが昨年秋にオープン。
<子どもがひとりの人として楽しめるカフェ>というコンセプトの下、
1つのメニューごとに「おとな値段」と「こども値段」の2種類の価格が設定されていて、
子どもでも小さなサイズのコーヒー、スイーツが楽しめる。

コーヒーなどの味もさることながら、ぬくもりのある心地よさが漂う店内、
それもそのはず、立川の家具工房「木とり」が内装を手がけている。
「クルミ」をテーマに、店全体を大きなクルミの木に見立てたという空間づくりは
なかなか見事なもの、店内にさりげなく置かれた大小のくるみ割り人形もすばらしく、
見ごたえあり。

先日好評だったという蓄音機コンサートが毎月第4日曜日に定例化するとのこと。
いつかはチャイコフスキーの「くるみ割り人形」をテーマとした音楽イベントを
やってほしいなあ・・・なんて。(roco)

クルミドコーヒー 東京都国分寺市泉町3-37-34 マージュ西国分寺1階
 10:30~22:30
 定休日:木曜日
 
●JR中央線・西国分寺駅より徒歩1分

●立川経済新聞の関連記事はこちら↓
  http://tachikawa.keizai.biz/headline/422/
  http://tachikawa.keizai.biz/headline/354/
[PR]
# by tokyo_no_heso | 2009-01-28 22:40 | 中央線・西国分寺駅

GALLRY+ANTIQUE SHOP Ari

 
f0162085_045622.jpg

 国立駅北口、線路沿いを西へ進むと、小さなお店がちらほら。
 GALLRY+ANTIQUE SHOP 「 Ari  」。
 まずはお店の前の金魚鉢には、子供ならずとも、思わず顔を覗き込ませてしまう。
 2008年5月にリニューアルオープンしたお店。
 ギャラリー+アンティークショップということで店内にはさまざまな作家さんの作品たち、
 アクセサリーあり、器あり、石鹸、アロマグッズなどの生活雑貨あり、絵画あり、
 そして和、洋のアンティークがずらり。
 と、その商品構成のおもしろさ。
 
f0162085_063922.jpg

 2坪半ほどの狭小スペースに数々の小さな世界が広がっている、そんな印象。
 そして店内、目を引くのは奥に広がった畳のスペース。
 畳の上にすてきに陳列されたシンプルな骨董の品々。
 江戸時代の和骨董をメインに、李朝、ヨーロッパ、アメリカのアンティーク雑貨。
 
f0162085_072430.jpg

 小さなお店だからこそ、1つ1つの商品のストーリーを
 楽しみながらの時間を過ごせるかも。
 今日目に飛び込んできたのは、八王子「ヤナギコーヒー」のマンデリン。
 CDならぬコーヒーのジャケ買いを狙って、パッケージシールを改良した、との逸話。
 去る9月にはこちらのコーヒーの喫茶店ならぬ喫茶展イベントがあった、とか。
 そして今後も開店ならぬ、開展予定あり、とのこと。
 
f0162085_08149.jpg

 隣には家庭料理の店「めいくいーん」。
 朝早くから店先に並ぶマクロビオティックスイーツはシンプルで優しいお味。
 2階にはギャラリー「MILK GARALLY」。ニット教室などもあり。
 
 今日は、先日買ったばかりのそば猪口にてさっそく。至福の時間。(saco)
f0162085_0102027.jpg

 ■GALLRY+ANTIQUE SHOP 「 Ari    
  国立市北1-12-2 松澤ビル1F
  090-6037-2507
  営業時間 12時~18時
  火、水定休 雨天休業(休日は雨天でも営業)駅北口より徒歩3分

 ●JR中央線 国立駅北口より徒歩3分
 
 
 
[PR]
# by tokyo_no_heso | 2008-11-02 00:10

薪釜パン工房 木の葉

青梅の里山風景を眺めながら、さらに足を進めると、ふとこんなところにパンやさんが。
薪釜パン工房「木の葉」。
f0162085_23454274.jpg

2008年4月末にオープンしたお店。
青梅の木を使って作られたというその建物、木の香りあふれ、
なんともいえない開放感。
そして、オーストリアのアルプスで出会ったパン焼き小屋を
イメージして作られたという、シンボルともいうべく薪釜。
f0162085_23462022.jpg

さっそく店内へ。あいにくの雨天、かつ午後ということもあり、
前回訪れた時に比べ、並んでいるパンは少ないものの、
間違いなく美味しいパンを焼いている、
そんな香りがお店に一歩足を踏み入れた瞬間に広がる。
f0162085_23471359.jpg

定番のバウアルンブロート(農家のパン)はライ麦配合の高い、
どっしり、しっとりしたパン。
かみ締めるほどの程よい酸味、そしてふわっと香るキャラウェイシード。
根っこの形をしているからということで、その名も、ヴルツェルブロート(根っこパン)。
オーストリアではポピュラーなパンだそうだ。
驚くほどにもちっとした食感、そしてシンプルだからこその粉の香りのよさを堪能。
f0162085_23475738.jpg

以前訪れたときよりも根っこパンのサイズがかなり大きくなっている。
お店の方に伺うと、「粉も変えたんです。」と。確かに前よりも数段美味。
カフェのメニューについてもあれこれ模索中の様子。
オープンして数ヶ月、こんなお店の成長をそっと楽しませていただくのも楽しいもの。
店内に併設されたカフェ、目の前に広かる緑に囲まれて、美味しいパンをいただくのもよし。
青梅散策におすすめのスポットの1つ。(saco)

薪釜パン工房 木の葉MAP
 東京都青梅市黒沢3-1574-1
 0428-84-2280
 営業時間 11:00~18:00
 水曜日 定休

●JR青梅線・青梅駅から徒歩30分、圏央道・青梅インターから車で15分
[PR]
# by tokyo_no_heso | 2008-08-28 23:56 | 奥多摩

内藤農園

国立の住宅街にて今日はブルーベリー摘み。
国分寺市内藤にある、「内藤農園」。
f0162085_0112818.jpg

まったくの閑静な住宅街にある、その入り口からは想像できないくらいに
広々とした農園が広がる。
入り口にある売店を過ぎ、たわわに実るキウイ畑をぬけると、
目の前には鮮やかなブルーベリーの実を実らせた木々が並ぶ。
「その先100メートル以上続いているから、どうぞ。」と。
1000本以上のブルーベリーの木々。
f0162085_0135165.jpg

何種類ものブルーベリーをメインに数種のぶどう、キウイなどを
栽培・販売しているというこの農園。この地で20年以上無農薬栽培しているそうだ。
7月下旬から9月上旬まではブルーベリー、そしてこれからの出番待ち、
ぶどう畑には立派なぶどうたち。
そろそろぶどう狩りもできる、とのことでお近くの方、ぜひ。紅伊豆、高尾、ピオーネなど。
こちらは8月下旬から9月上旬まで。
f0162085_0141572.jpg

農園の方の親切なアドバイスを受け、1粒ずつ摘みながら、
首から提げたかごに入れていく。
品種の多いブルーベリー。ホームベリーやウーダッド。
実の色、大きさ、そしてもちろん味わいもさまざま。
食べ比べをしつつ、好みのブルーベリーを摘んでいく。
鮮やかな色・アントシアニンが目にいいのはもちろん、
この鮮やかな自然は間違いなく心にも効能があるはず。
30分ほどで約800gの収穫。懐かしい秤で測量してもらい、
ついでに畑で収穫された野菜も買う。
f0162085_016937.jpg

帰宅後、摘みたてをまずはそのまま堪能。
摘みたてならではの甘さとそして、心地よい酸味。
ついでにブルーベリー酒とブルーベリージャム作り。
家中に幸せの香りが広がり、やはり心にも効能、大。
国立にある自家製アイスクリームの店「MILK TOP」では
この時期、内藤農園の朝摘みブルーベリーを使ったアイスクリームが季節限定で店頭に。
収穫の帰りに立ち寄るのもおすすめ。
ちなみに農園でもこちらのアイスクリーム販売中。
農園入り口の木陰にあるベンチやテーブルでいただくのもいいかも。(saco)
f0162085_0165965.jpg


■内藤農園 東京都国分寺市内藤1-17-5(MAP
 0425-72-6003
 営業時間 9:00~17:00
 
●JR中央線・西国分寺駅より徒歩13分
 入場料なし 駐車場あり
 ブルーベリー 500g 1200円  販売もあり
[PR]
# by tokyo_no_heso | 2008-08-26 00:03 | 中央線・西国分寺駅

とうきょうのへそMAP

googleマップに「とうきょうのへそMAP」をつくりました。
記事とあわせてご覧ください!

とうきょうのへそMAP
[PR]
# by tokyo_no_heso | 2008-08-13 14:52 | とうきょうのへそMAP